[PR]

 2021年春夏の新作を発表するミラノ・コレクションが22日に始まった。シンプルでフェミニンな服やワイヤーバッグなどで知られるアンテプリマは、約20年前からミラノ・コレクションに参加している。デザイナーの荻野いづみさんに、ミラノの魅力や今回の新作発表について聞いた。

 ――1993年にミラノでアンテプリマを立ち上げたのですね。98年からミラノ・コレクションに参加していますが、ずっとミラノで発表している理由は?

 ファッションではやはり、パリとミラノが世界で不動の地位を築いていますので、多くの人が集まります。私にとって、インターナショナルであることはとても大事です。スタッフも日本、イタリア、中国、香港、アメリカと国際色豊か。コロナ問題で、いまはグローバルに動くことはできないですが、違った国の色々な思考を自分の中にとり入れ、イメージを高めることは自分が生きていく上で重要だと思っています。

 ――だからこそ、ミラノでやることに意味があると。

 そうです。ショーを作りあげるのに、我々のコレクションだけでなくモデル、ヘアメイク、演出家、音楽家などが世界から一気に集まり、ミラノは、国際色豊かになります。情報を得やすいですし、多くのチャンスが得られます。

 ――パリ・コレクションと比べて、ミラノの特徴はどんなところでしょうか。

 ミラノはきちんと商品を売って…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら