[PR]

 来春予定の千葉県知事選をめぐり、自民党県連がソウル五輪の競泳金メダリストでスポーツ庁長官の鈴木大地氏(53)の擁立を目指し、最終調整に入っていることが18日、関係者への取材でわかった。県連は、昨秋の台風災害対応で批判が集中した森田健作知事(70)=3期目=では「選挙戦を勝てない」とみて、水面下で候補者を探していた。

 鈴木氏は千葉県習志野市出身。1988年に21歳で出場したソウル五輪では、男子競泳100メートル背泳ぎで金メダルを獲得した。2015年から初代スポーツ庁長官を務め、今月末で退任する。鈴木氏は18日、朝日新聞の取材に「9月いっぱいは長官の職に専念する」と述べ、態度を明らかにしなかった。

 県連幹部は「知名度があって地元色も出せる候補」と、鈴木氏に白羽の矢を立てた理由を説明する。鈴木氏に近い県連幹部らを中心に複数回、接触を重ね、立候補の打診を続けていた。県内選出の衆院議員は「鈴木氏も前向きな様子だ」と手応えを語る。

 一方、県連がこれまで支援して…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら