[PR]

 税金の無駄遣いを監視する市民団体「全国市民オンブズマン連絡会議」が18日に発表した今年度の政務活動費(政活費)の情報公開度ランキングで、山形市議会は全国60ある中核市の議会のうち15位だった。政活費の領収書などのネット公開が進み、昨年度のワースト3位(58議会中56位)から大幅に順位を上げた。

 調査は、政活費の使い道に関する領収書や会計帳簿、視察報告書などについて、同会議が6月1日時点で調査。ネットでの公開や作成・提出が義務化されているかなど12項目を計100点満点で評価した。

 同会議に参加している市民オンブズマン山形県会議が18日、山形市内で記者会見し、調査結果を説明した。今年度の山形市議会の情報公開度は75点で、昨年度の24点から得点が大幅に上がった。昨年度時点で、同市議会は政活費の領収書などのネット公開を行っておらず、その後に領収書や活動報告書、視察報告書のネット公開を始めたためだという。

 同市議会事務局によると、今年…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース