[PR]

 18歳で広島の原爆に遭い、顔に大きな傷を残したまま小学校の教壇に立ち続け、44歳で早世した女性が書いた手記が見つかった。「まなざしにパワーがあった」。生前の彼女を知る人はそう振り返る。教師としての誇りが刻まれた手記は、かつての勤務校にレプリカが置かれ、平和教育に活用される。(三宅梨紗子)

     ◇

 茶色く、触ると今にもぼろぼろと破れそうな原稿用紙27枚に、青色のインキで書かれた文字がくっきりと残っている。

 手記のタイトルは「原爆の思い出」。1945年、爆心地から1・1キロの広瀬国民学校(現・広島市中区の広瀬小学校)で被爆した尾形静子さんが当時を振り返って書いたものだ。

■一度は退職…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら