[PR]

 コロナ禍による雇用環境の悪化を受け、茨城県内でベトナムとの友好に取り組む団体が、ベトナム人実習生らを対象にした無料法律相談を開いている。手弁当で協力する弁護士が相談役となり、突然仕事を失った人の「駆け込み寺」となっている。

 無料相談は7月以降の月に1度、水戸市の「日本ベトナム友好協会茨城県連合会」が同市白梅1丁目のベトナム料理店「モッ・ハイ・バー・ヨー」で開いている。

 きっかけは、同店の経営者で、1月に「茨城ベトナム人協会」を設立したレ・ヴァン・タンさん(27)のもとに、雇用をめぐる相談が相次いだことだった。新型コロナウイルスの感染が拡大していた5月以降、技能実習生や通訳、エンジニアらから「突然失職した」などと相談があった。

 タンさんから相談を受けた連合…

この記事は有料会員記事です。残り667文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り667文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り667文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース