拡大する写真・図版「日本一海に近い」といわれる島原鉄道の大三東駅=2020年9月21日午後、長崎県島原市、金子淳撮影

[PR]

 「日本一海に近い」と言われる駅。海と空が織りなす絶景を撮ろうと、人々が訪れる。もう一つ、皆の目を引きつけるものがある。

拡大する写真・図版真下まで海が迫る大三東駅のホーム。黄色いハンカチが海風に揺れる=長崎県島原市、金子淳撮影

 列車を降りると、足もとに広がる青い海と空に目を奪われた。長崎県の島原鉄道の大三東(おおみさき)駅(同県島原市)。日本一海に近い駅の一つに数えられる。

拡大する写真・図版ホームすぐ横に有明海が広がる大三東駅。島原鉄道を象徴する黄色の列車が到着した=長崎県島原市、金子淳撮影

 島原鉄道は諫早市と島原市を結ぶ43・2キロ。沿線24駅のうち、ホームすぐ横に有明海が広がるのはここだけだ。

拡大する写真・図版島原鉄道の大三東駅を訪れる観光客=長崎県島原市、金子淳撮影

 有明海の干満差は最大6メートルある。干潮時はホームの向こうに干潟が姿を現す一方、満潮時にはホームにある「大三東」の駅名標がまるで海に浮かんでいるかのように見える。無人駅のうえ、ホームと海を隔てるフェンスがなく、絶景感をより強めてくれる。

記事後半では、地元で人気のグルメスポット紹介や会員限定のプレゼントもあります。

拡大する写真・図版島原鉄道大三東駅の無人駅舎=長崎県島原市、金子淳撮影

 島原市で生まれ育った島原鉄道…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら