[PR]

 11月に発売予定で、9月18日に予約の受け付けが始まった新型の家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)5」をめぐり、通信販売サイトに高額の出品が相次いでいる。11月に入手する前提の転売品とみられる。20万~30万円台の値が付けられており、中には定価の7倍にのぼるケースもある。

 「転売ヤー(転売屋)が35万円で予約開始しているのむかつくな」「35万円はさすがに草(笑える)」――。PS5の国内向け予約受け付けが始まった18日午前10時の直後から、ツイッターなどでは怒りの投稿が相次いだ。

 PS5の希望小売価格は、通常機で4万9980円(税抜き)。約7年ぶりのモデルチェンジで、ソニーのゲーム子会社「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」が発売する。日本や米国など7カ国で11月12日に売り出される予定で、今月18日から販売店のインターネットサイトなどで順次、予約の受け付けが始まった。

 だが、一部のサイトでは、間も…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら