[PR]

 青森県八戸市の東にある種差(たねさし)海岸。日帰りのウニ採りツアー企画に参加したマスク姿の約20人が、キタムラサキウニを採りながら歓声をあげていた。地元の南浜漁業協同組合の中村正一さん(72)がコンクリート堤からその風景を見ながら、つぶやいた。「観光は活性化のカギ。人が来る流れはあるから、何かをしたい」

 人口22万6千人の八戸市は、県南東部に位置し、イカやサバなどの水産業で知られる。ウニ採りを催したのは、地元に拠点を置くNPOアクティ。理事長は、都市部の法人や個人向けツアーの企画販売会社ACプロモート(同市)代表取締役の町田直子さん(55)。市民向けイベントなどを提供している。

拡大する写真・図版町田直子さん。「この土地にしかない」という地域の観光資源に演出を加え、八戸観光を盛り上げている。大阪出身だ=青森県八戸市の種差海岸

 町田さんは、生まれも育ちも大阪市。短大卒業後、留学先の米国で夫と出会い、結婚を機に1995年、夫の地元の八戸市に移り住んだ。観光に携わるとは、みじんも思っていなかった。

 大阪とはギャップもあった。通…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら