[PR]

 兵庫県サッカー協会の元事務局長の男性が在日コリアンの関係者に差別的な言動をし、県協会も処分を科さなかった問題で、県協会は19日、公式サイト上で「2020年9月18日の新聞報道に関するコメント」を発表した。

 三木谷研一会長名で「問題とされている発言は、私的な会合における私的な発言。当協会としての見解とは相違するものであり、当協会幹部としての発言でもない」という趣旨の文面を掲載。「当協会としては差別的言動に対しては断固たる態度で臨む立場であり、人権尊重と差別禁止を遵守(じゅんしゅ)するとともに、差別根絶への努力を継続していく所存」としている。