詐欺容疑で18日に逮捕されたジャパンライフ元会長の山口隆祥(たかよし)容疑者(78)。その営業手法は1970年代から国会で問題視され、捜査関係者からは「マルチの帝王」と呼ばれた。ただ「顧客の幸せと健康のため」と取り合わなかった。著書には「金を儲(もう)けるのが人生の目的」と書いていたが、どんな人物なのか――。

 山口容疑者は1942年、群馬県伊勢崎市で生まれた。高校を卒業し、県内の自動車工場で働いた後に独立。71年には東京都で健康商品販売会社を創業した。ただ、新たな客を誘うと報酬がもらえるような「マルチ」の手法などと疑われ、75年5月の衆院特別委員会に参考人として呼ばれた。山口容疑者は「マルチではなくフランチャイズ」などと弁明したが、翌年に倒産した。

 ジャパンライフの設立は75年。高級布団や健康器具を売り、85年に再び国会で「マルチまがい」と指摘された。家庭用磁器商品の「オーナー商法」を始めたのは03年ごろ。全国を飛び回り、ホテルなどで経済情勢や政治をテーマに「講演会」を繰り返した。数百万円単位の磁気ベストや磁気ネックレスがよく売れ、17年までに全国に約80カ所の営業所を設けた。各地に代理店も作った。

顧客や部下、「とにかく話がうまい」

 元部下によると、武器は「話術…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら