[PR]

 河野太郎行政改革相は19日、自身のツイッターで、朝日新聞デジタルが同日に配信した「文科省職員100人超、副大臣らを深夜出迎え『非常識』」の記事を引用した上で、「ヤメレ」と投稿した。「働き方改革」と逆行する慣例に苦言を呈したものとみられる。

 記事は、新任の文部科学副大臣と政務官が18日深夜に初登庁し、職員ら100人以上が待機して出迎えたことを紹介したもの。記者会見も日付をまたいで行われ、一部の職員から「非常識」との声が上がったとしている。

 河野氏は17日の就任会見でも、全閣僚が深夜から未明にかけて、首相官邸で順番に会見する慣例を批判。そのうえで「前例主義、既得権、権威主義の最たるものだ」と指摘し、「さっさとやめたらいい」と改善を求めていた。(坂本純也)