[PR]

 宇都宮市下岡本町のJR岡本駅のトイレで女子高校生(16)が手を切られた事件で、栃木県警捜査1課と宇都宮東署は19日、同市平出町、会社員の根本達也容疑者(23)を強盗致傷の疑いで逮捕し、発表した。同日未明、宇都宮東署に自ら出頭したが、容疑については黙秘しているという。

 捜査1課によると、根本容疑者は17日午前8時20分ごろ、JR岡本駅西口トイレ内で、女子高校生にカッターナイフを突きつけて「金目の物を出せ」などと脅し、右手を切りつけ軽傷を負わせた疑いがある。

 県警は防犯カメラの映像を公開するなどして行方を追っていた。根本容疑者が「女子高校生を脅した。ニュースで自分の姿が流れ、逃げられないと思った」と話したため、逮捕に至ったという。(平賀拓史)