拡大する写真・図版2つのアメリカ 見えない境界のある街から グラフィック・加藤啓太郎

[PR]

 かつてないほど分断が進むアメリカは、どこへ向かうのか。大統領選挙の激戦州ペンシルベニア州の街ヨークで、「二つのアメリカ」の境界線上にある場所を見つけた。この地に住みながら、アメリカ社会の今を伝えるルポの3回目。(敬称略)

 ヨーク市の南端にある私の家は、市街地と郊外のほぼ境界線上にある。南に向かって車を走らせると、たちまち景色が一変する。

 丘の上の住宅地には、広い芝生の庭がある家が点在する。さらに車を走らせると、広大なトウモロコシ畑や、放牧された牛たちが草をはむ光景が広がる。このあたりは土地が豊かで、農業は主要産業の一つだ。

 もう一つ、すぐに目につく違いがある。市街地を離れ郊外に入っていくにつれ、家の庭にトランプ大統領のヤードサイン(庭に設置する小さな看板)が増えていくのだ。

拡大する写真・図版住宅の庭に設置されたトランプ大統領支持を示すヤードサイン=ペンシルベニア州スプリングガーデン、大島隆撮影

 アメリカはすでに、政治的な「内戦」に陥りつつあるのではないか――。

 ここで車を走らせていると、そんな考えが頭をよぎる。

露店に並ぶトランプグッズ

 内戦が続く国では、主要都市は政権が押さえているものの、都市を出れば反政府勢力の支配地域が広がる、という場合がある。いまのアメリカの場合は、都市を押さえている民主党が野党という違いはあるものの、この辺り一帯は、そんな内戦状態の国をほうふつとさせる。

 共和党支持者が多い地域(赤)と民主党支持者が多い地域(青)を地図で見比べてみる。ペンシルベニア州の大半の面積を占めているのは、共和党支持の赤い地域だ。その中に、陸の孤島のように民主党支持が多い都市部が点在する。人口は都市部の方が多いので、州全体では民主党と共和党が拮抗(きっこう)する(これはアメリカ全体でも同じだ)。青色になっているのは、このあたりで言えばヨーク、州都のハリスバーグ、ランカスターといった都市だ。

 ヨークの市街地を出れば、その先に広がっているのは広大な「トランプのアメリカ」だ。

拡大する写真・図版トランプ・グッズを売る道路沿いの露店。Tシャツや帽子のほか、マスクも売っている=ペンシルベニア州ゲティスバーグ、大島隆撮影

 ある日、ヨークから近隣のゲティスバーグに向かう街道を走っていると、トランプの名前や写真をあしらった帽子やTシャツなどの品々を売る露店を見つけた。店をのぞくと、トランプ・グッズに交じって「ブルー・ライブズ・マター(青い命も大切だ)」と書かれた帽子も売っている。ブルーは警察官を意味する。「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大切だ)」に対抗するスローガンだ。

 2週間前に店を構えたという店主は「売れ行きはとてもいいですよ。大統領の支持率も上向いていると思いますね。私の感触では70%くらいまで上がっていますよ」と語った。

 実際のトランプの支持率は40…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら