[PR]

 韓国外交省の報道官は19日、安倍晋三前首相の靖国神社参拝について、「(首相)退任直後の参拝で、深い憂慮と遺憾を表する」とのコメントを発表した。靖国神社を「日本の収奪と侵略戦争を美化する象徴」と指摘。「歴史を正しく直視し、過去に謙虚な反省を行動で示せば、周辺国や国際社会は日本を信頼できる」との考えも示した。

 多くの中国メディアは安倍氏の靖国神社参拝を淡々と伝え、中国政府も公式見解を発表していない。首相としての公式参拝ではなかったことに加え、米中関係の険悪化などを背景に、中国政府が対日関係を重視していることが背景にあるとみられる。人民日報系の環球時報は、「安倍氏は依然として日本政府に巨大な影響力を持っており、参拝は将来の指導者に深い影響を与える」としつつ、「菅首相の政治姿勢をみると歴史問題で摩擦を起こす可能性は低い」とする外交専門家の見方を紹介している。(ソウル=鈴木拓也、北京=西村大輔)