[PR]

 静岡県富士宮市のJA富士宮本店で16日、特産のジャンボ落花生などの品評会が行われた。ジャンボ36点、普通サイズ13点が出品された。

 今が旬のジャンボ落花生(品種名『おおまさり』など)は普通種の2倍以上の大きさで塩ゆでに向く。今年は4月の長雨の影響で殻が黒ずむものもあったが、8月から晴天が続いたため、粒の大きさなどは例年並みに育ったという。

 関係者は「生産者の情報交換でみな品質が向上しており、審査は難しくなった」と話していた。「組合長賞」には内田智就さんのおおまさりが選ばれた。(六分一真史)