[PR]

凄腕しごとにん

拡大する写真・図版車両輸送の現場監督としてチームを束ねる小田巻幸子さん=愛知県豊橋市明海町、谷本結利撮影

総合埠頭 車両部車両現業グループ係長 小田巻幸子さん(46)

 自動車の輸入台数が全国1位の愛知・三河湾。岸壁に臨む専用駐車場には、船から陸揚げされたばかりの約3千台の車が整然と並ぶ。フォルクスワーゲンを中心に、アウディ、ポルシェ、ランボルギーニ……。扱うのは、世界に名だたるブランド車だ。

 納車を心待ちにしているオーナーのもとに届けるため、そこから整備工場まで一台一台、ハンドルを握って運ぶのが仕事だ。現場監督の一人として、ベテランから新人までを束ねたチームを率いながら、みずからも1日に平均約70台を輸送する。20年間のキャリアで整備工場まで運んだ車は、約37万台にのぼる。

 駐車場からフォルクスワーゲングループジャパン(愛知県豊橋市)の工場まで、私設の道路で約1キロしかない。だが、短い道のりの運転を難しいものにしているのが、視界の悪さや気温などの悪条件だ。

 輸入車は全て、傷を防ぐために…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら