[PR]

 金沢港クルーズターミナル(金沢市)の駐車場で、石川県内の飲食店などがドライブスルーで弁当などを販売し、人気を集めている。新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んでいる飲食店を応援しようと全日本司(し)厨(ちゅう)士(し)協会石川県本部が企画した。22日まで。

 同協会石川県本部は春の大型連休にも金沢市内の別の場所でドライブスルー販売を実施しており、今回が第2弾。フレンチやインド・パキスタン料理、和食などの18店舗が参加し、石川県内の旬の食材を使った弁当などを販売している。20日は午前中からツアーバス・タクシー駐車場に買い求める客の車の長い列ができた。飲食店のスタッフらは車に乗って待つ客にメニュー表を見せながら注文を取っていた。

 この日は用意した計1200食が2時間半ほどで売り切れた。家族5人分の昼食を買うために1時間ほど並んだという金沢市内の40代の夫婦は「ドライブと外食の雰囲気が味わえるのでうれしい」と話した。

 ドライブスルー販売は午前11時から午後2時まで。ただし、売り切れ次第終了。(平川仁)