[PR]

 第21回佐賀県高校英語スピーチ・コンテストが20日、武雄市の武雄高校であった。出場した14校33人の生徒が、英語を懸命に駆使し、思いを伝えた。

 1人約5分間、身ぶりを交えたり、原稿に目をやったりしながらスピーチ。

 「安易な言葉でも、人を傷つけることがある」との思いから「言葉の使い方を考えてほしい」と訴えた、武雄高校2年の久富彩子さん。取材に「緊張で途中、頭の中が白くなった」と笑顔を見せ、「英語は大好き。将来は外交関係の仕事をしたい」と話した。

 主催した県高校教育研究会英語…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら