[PR]

 世界各国の施設で「定額住み放題」のサービスを提供しているベンチャー企業とJR西日本グループが、和歌山県白浜町などでサービス会員向けにJRの割引乗車券を提供する実証実験を始めた。休暇を兼ねて滞在先で仕事をする「ワーケーション」を体験してもらう試みだ。

 ベンチャー企業「カブクスタイル」(長崎市)は、住む場所・働く場所・旅する場所を一体とする「多拠点居住」を提唱して2018年に設立。19年4月からサービス「HafH(ハフ)」(Home away from Home、家から離れた家の意)を始めた。

 施設はワーキングスペースやインターネット環境などを整えて仕事もできるようになっている。月額8万2千円で国内外218都市・328の施設に住み放題になる。月5日間で1万6千円、10日間で3万2千円などのプランもある。県内には白浜町のほか、田辺市、那智勝浦町など5カ所に施設がある。

 JR西側は人口減少が進む中、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース