【動画】新型コロナウイルスの影響で中止になったはずの秋祭り。期せずしてお祭りムードに=御船紗子撮影
[PR]

 新型コロナウイルスの影響で秋祭りが中止になったはずの町で20日、期せずして太鼓や笛の音が鳴り響いて屋台が並び、お祭りムードに包まれた。それは、「1年は9月から始まる」と言われるほど祭り好きの住民たちによる、偶然の連鎖だった。

 きっかけは、岩手県の大槌町文化交流センター「おしゃっち」で16日から始まった展示だった。

 おしゃっちの統括管理者・生利望美さん(38)は手踊りの団体に所属し、秋祭りでは毎年、町中を練り歩いている。秋祭りが中止になり、残念がる声をあちこちから聞いて「少しでもあの熱気を再現したい」と郷土芸能団体に祭りに関する展示物が出せないか呼びかけた。すると、あっという間にのぼりや法被、過去の祭りのDVDが集まった。「自慢の祭り写真」を募ると数日で震災前や復興途中の町の姿がわかる写真など60枚以上が寄せられた。

 展示準備中、町出身で露天商を率いる村上克人さん(53)から「おしゃっちの駐車場で店を開かせてほしい」と頼まれた。祭りが各地で中止になり、収入確保のほか、7月の豪雨被災地に寄付するため、釜石市や大船渡市で屋台イベントを開いていた。「大槌でも」という打診におしゃっち側は対策の徹底を条件に許可し、神社で秋祭りがあるはずだった19、20日、飲食の屋台が18店舗並んだ。

 村上さんは「せっかくなら郷土…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら