[PR]

 親子のつながりを楽しめるイベント「キッズフェスティバル2020」が21日、多世代交流施設「オープン・ヴィレッジ・ノキシタ」(仙台市宮城野区)であった。コロナ禍で「どこにも連れて行ってあげられない」と孤立しがちな母親に配慮して、安心して遊べる空間を用意した。

 45組の親子が参加。「密」にならないよう2時間ごとに15組ずつが入場した。屋外では浴衣姿の子どもたちがおもちゃの釣りを楽しみ、和室では母親たちが整体でくつろいだ。花火の打ち上げもあり、親子で歓声を上げていた。

 利府町の会社員、佐藤紗樹さん(30)は、子どもの保育園の夏祭りが中止になり、「少しでも安心して楽しめる場所があれば」と訪れた。長男(5)は「(風船の)剣で闘うのが楽しい」と芝生を駆け回った。

 育児の相談やベビーマッサージのレッスンなどを行う子育てサロン「baby&familyサロンsugar」の主催。運営する佐藤彩那さん(32)は「ママの笑顔が子どもに伝わる。孤独感を解消し、自分も満たしてほしい」と話す。(川野由起)