[PR]

 21日午後7時半ごろ、宮崎県西都(さいと)市南方の会社員井上耕一さん(60)方から出火、約3時間後に消し止められたが、平屋が併設された鉄骨2階建て住宅1棟と倉庫2棟が全焼し、焼け跡から性別が分からない2人の遺体が見つかった。体の大きさから、子どもとみられるという。

 西都署などによると、井上さんは長女夫婦と孫3人の6人暮らし。火事のあと、いずれも孫で小学4年の黒木獅恩(しおん)さん(9)と保育園児の麻芯惟(まとい)ちゃん(3)の2人と連絡が取れていない。もう1人の孫の男子中学生(13)は、2階から飛び降りて腰の骨が折れるけがを負ったという。出火当時、井上さんと長女夫婦は外出中だったという。

 県警や消防が遺体の身元や出火原因などを調べている。現場はJR宮崎駅から北に約30キロの住宅街。(高橋健人)