拡大する写真・図版(C)伊藤理佐

[PR]

 このコラムでは、産婦人科医の立場で、みなさんに知っておいてもらいたい体と性の話をつづっています。最終回は、「女子」に向けて「婦人科医をパートナードクターに」と呼びかけます。その真意はどこにあるのでしょうか。

女性の体と関係が深い女性ホルモン

 生殖可能年齢と呼ばれる期間、女性ホルモンは大きな役割を果たしています。月経周期を作り出すのも女性ホルモンの仕業です。視床下部からの指令を受けた下垂体は卵巣を刺激するホルモンを分泌し、それに応えるように卵巣中の卵胞は成熟と共に女性ホルモン、中でも卵胞ホルモンを上昇させます。これが引き金となって排卵が促され、排卵後の卵胞は黄体(おうたい)を形成し卵胞ホルモン、黄体ホルモンという二つのホルモンを分泌させます。

 これらのホルモンは妊娠を維持するのに不可欠のもので、仮に妊娠すれば高いレベルを保ち続けます。妊娠に至らなければホルモン値は急激に低下し子宮内膜がはがれ落ちる、いわゆる月経となります。基礎体温(起床時、立ち上がる前に舌下で測定する体温)が排卵の前後に低温期と高温期を作り出すのは体温上昇に関係する黄体ホルモンによるものです。

 このように毎月繰り返されるダイナミックな体温の変化と月経。人によっては、この間に、妊娠、出産、授乳、時には人工妊娠中絶を経験することだってあります。しかし、この世に生を受けた女性の宿命とでも言いましょうか、卵巣の定年、言い換えれば女性ホルモンの分泌が急激に低下する日が訪れます。閉経です。初経から閉経まで、実に40年近くの間、女性は、女性ホルモンにさらされ続け、時には翻弄(ほんろう)されながら生きていくのです。以下の図は、生涯を通じて女性が抱える健康問題を例示したものですが、その多くが、女性ホルモンと深い関わりがあることを忘れるわけにはいきません。

 日本には、LEP(低用量エストロゲン・プロゲスチン)製剤という月経困難症治療を目的とした薬剤があります。成分は低用量経口避妊薬(ピル)と同等ですから、避妊をも可能にします。このLEP製剤はピルと同じように排卵を抑制することで痛みの原因物質を減少させ、月経血量を減少させることができます。このコラムでも何度となく取り上げてきましたが、あらためてLEP製剤やピルを上手に使うことによって、女性が抱えるさまざまな健康問題の解決に役立つことを知っておいてください。

若い頃から高い健康意識を

 厚生労働省が7月に平均寿命について発表しています。これによると、2019年の日本人の平均寿命は男性が81・41歳となり過去最高(18年は81・25歳)を更新。女性は87・45歳で同じく過去最高(同87・32歳)で、男性が8年連続、女性は7年連続の更新となっています。その一方で、健康寿命は、16年のデータで比べると、平均寿命より男性は8・84年、女性が12・35年も短いのです。

 あらためてですが、平均寿命とは、生まれたばかりの0歳児が、その後何年生きられるかという平均余命のことです。一方、健康寿命とは、「日常生活に制限のない期間の平均」を主な指標とし、さらに「自分が健康であると自覚している期間の平均」をも考慮して算出します。わかりやすくいえば、健康寿命とは元気に自立した生活を送れる期間であって、平均寿命と健康寿命との差とは、支援や介護を必要とするなど、病気を抱えて生きる期間のことをいいます。平均寿命が男性よりも6年ほど長い女性の方が、病気を抱えて生きる期間が3年以上長いわけで、この期間をいかに短くするかが課題となっています。どうしたらそれを可能にするのか? 明確な回答は得られていませんが、若い頃からの健康意識や健康行動が何らかの影響を及ぼしていることは否定できません。

女性特有の病気を放置しないで

 胸が苦しくなりました。初めて僕のクリニックを訪ねてきた27歳の女性。受け付けを済ませるなり、待合室の長椅子に寝転んで苦しそうな表情をしていました。「どうしたの?」と声を掛けると「生理痛がひどくて」と。「生理痛がひどくなったのはいつごろから?」と尋ねると、14歳のときに初経を迎えてからしばらくの間はさほどではなかったのですが、間もなくして、学校にも行けないほどの状態になったと言います。見るに見かねて親から鎮痛剤を与えられるものの、痛みが遠のくのは一時的なものでした。

 最終的には、今回のクリニック受診に結びつくわけですが、僕としては許しがたい思いに駆られました。痛みを取る方法があるのに、27歳になるまでその情報が彼女に届かなかったこと。痛みの程度は本人にしかわからないから仕方がないというかも知れませんが、初経から10年以上、彼女の身近にいたはずの親や教師などが、婦人科受診を促せなかったこと。しかも、彼女の口から出てきた「婦人科に行くのが怖かった」という言葉。誰が、「婦人科は怖い」なんてイメージを植え付けてしまっているのだろうかと悲しさを超えて腹立たしくなりました。女性には、ゆりかごから墓場まで、女性特有の健康上の問題があるのは当たり前であって、それを解決に導く役割を産婦人科医が負っているのです。もちろん、専門家の力をもってしても解決できない問題は多々あるわけですが。

婦人科医をあなたのパートナードクターに

 02年だったでしょうか、当時19歳で歌手の宇多田ヒカルさんが卵巣腫瘍(しゅよう)の手術を受けたことをブログで公表したことがあります。「(産婦人科に)行ったことない女の子は、お願い!私の心配をする前に、どうかお化け屋敷に入ってみるくらいの気持ちで産婦人科に行ってみてください!」。卵巣腫瘍の早期発見ができた宇多田ヒカルさんの「お化け屋敷」という言葉がよみがえってきました。

 最後になりますが、あなたのQOL(生活の質)を高めるパートナードクターとしての婦人科医とどう付き合っていくか、いま一度真剣に考えてみてはいかがでしょうか。=おわり

北村邦夫

北村邦夫(きたむら・くにお)

1951年生まれ。産婦人科医。自治医科大学医学部一期卒。リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)の向上などをめざす一般社団法人・日本家族計画協会理事長。同協会市谷クリニック所長。(http://www.jfpa-clinic.org/) 予定外の妊娠の回避や、性感染症予防の啓発に力を入れている。著書に「ピル」(集英社新書)、「ティーンズ・ボディーブック(新装改訂版)」(中央公論新社)など。