写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 防衛省は、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代替策について、レーダーやシステムを洋上に置く方針をまとめた。具体的には、護衛艦型、民間の大型船型、油井を掘るやぐら(オイルリグ)型のいずれかを「移動式の洋上プラットフォーム」とする案を例示。週内にも与党に説明する。

 また、同省の来年度予算の概算要求が5兆4800億円台で過去最大となることも判明。軍備増強を続ける中国への対策費や、米国からの装備品購入などが押し上げたが、陸上イージスの代替関連費はこれに含まれず、最終的な総額はさらに膨らむ公算が大きい。複数の政府関係者が明らかにした。

 政府は6月、イージス・アショアの山口、秋田両県への配備断念を決めた。その後、防衛省はレーダーやシステムなど陸上イージス自体の購入契約を解約して全く異なる装備に変更するか、やめずに転用するかを検討。結果的に購入をやめずに転用することになり、解約による違約金は避けられることとなった。

防衛能力、陸上より制限

 今回まとまった方針では、陸上…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら