[PR]

 中国企業「バイトダンス」傘下の人気動画アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業を巡り、米中間の食い違いが表面化している。米国につくる新会社の経営権をどちらが握るか、という提携案の中核部分で主張が真っ向から対立。原則承認する考えを示していたトランプ米大統領は21日、一転して認めない可能性に言及した。事態が再び混迷し始めている。

 「米国側が完全なコントロール下に置いているわけでないことが分かれば、我々は承認しないだろう」

 トランプ氏は21日、米フォックスニュースのインタビューでこう語った。19日に「米国にとって素晴らしいディール(取引)」と容認した姿勢を一変させた。

 問題になっているのは、バイトダンスや、提携するオラクルらが米国に設立する新会社「ティックトックグローバル」の経営権をどちらが握るかだ。19日の段階ではっきりしていたのは、オラクルが12・5%、米ウォルマートが7・5%を握ることだけ。オラクルなどは「新会社の株式の過半数は米国の投資家が所有する」と説明するだけで、詳細を公表していなかった。

 これに対し、バイトダンスは2…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら