[PR]

 気象庁によると、日本の南の海上で発生した台風12号は北へ進み、24~25日にかけて西日本から東北地方にかなり接近し、東日本に上陸するおそれがある。同庁は暴風や高波、大雨や河川の増水などへの注意を呼びかけている。

 22日午後9時現在の中心の気圧は975ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は30メートル。しばらく北上した後、徐々に進路を東寄りに変え、24日午後3時には伊豆半島・石廊崎の南約80キロへ進む予報となっている。

 台風の接近で前線の活動も活発となり、23日午後6時までの24時間に予想される雨量は、伊豆諸島180ミリ、東海150ミリ、近畿130ミリ、関東甲信80ミリ。その後、24日午後6時までの24時間雨量は関東甲信、伊豆諸島、東海で200~300ミリ、東北、近畿で100~200ミリ。