[PR]

 鹿児島県・喜界島沖で太平洋やインド洋に広く分布するアオサンゴの大群生が発見された。確認した同島のNPO法人喜界島サンゴ礁科学研究所(喜界町)によると、琉球列島では最北端の大群生で、「希少な存在。定期的に調査していく」としている。

 大群生は喜界町小野津の北東沖にあり、水深6~20メートルの海底で長さ約230メートル、幅約40メートルにわたり分布している。面積は約6217平方メートルに及ぶ。一帯は棒状のアオサンゴが多く発達しているという。

 喜界島沖でもアオサンゴは分布しているものの、これまで群生は確認されていなかった。2019年9月に地元ダイバーらが発見し、同10月に同研究所と世界自然保護基金(WWF)ジャパンが共同で調査していた。

 同研究所は「喜界島を代表する…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース