[PR]

 秋季青森県高校野球選手権大会(県高野連主催、朝日新聞青森総局など後援)は22日、はるか夢球場(弘前市)と県営球場(青森市)で準々決勝4試合があった。八戸学院光星は青森山田に劇的な逆転サヨナラ勝ち。弘前学院聖愛、青森、八戸西もベスト4進出を決めた。準決勝は26日、八戸学院光星と弘前学院聖愛、青森と八戸西がそれぞれ対戦する。

 2―1。わずか1点のリードで迎えた九回裏、青森山田のエース藤森粋七丞(いきなすけ)(2年)が完投勝利をかけてマウンドにあがった。代打の先頭打者を2ストライクに追い込みながら、ボールとファウルの後、レフト前にはじき返され、さらに内野安打と犠打で1死二、三塁のピンチを招いた。

 続く3番打者への初球。内角へのフォークボールが落ちきらなかった。詰まりながらもライトに運ばれ、三塁走者に続いてサヨナラの二塁走者が一気に生還。今夏の県大会優勝校の4強入りが消えた。

 今夏の大会も経験し、新チームでは誰もが認める背番号1。兜森崇朗監督も「彼が抑えてなんぼのチーム。(藤森以外は)まだ今日みたいな戦いで投げる力量はない」と信頼は厚い。

 相手は中盤から直球に的を絞ってきた。「一番自信のあるボール。狙われてもまっすぐで押していかないと」と藤森は話す。「フォームを見直して、一回りも二回りも成長したい」。自分を叱咤(しった)するように言った。(武沢昌英)

関連ニュース