[PR]

 欧州航空機大手エアバスは21日、水素を燃料として飛ぶ旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。二酸化炭素の排出をゼロに抑え、環境に優しい未来の旅客機のカギと見込んでいる。

 開発を目指す旅客機は「ZEROe(ゼロイー)」。従来のジェット機のエンジンを水素燃料向けに改良。燃料電池も搭載し、電気による動力とのハイブリッド方式で効率的な航行を目指す。公開したコンセプト機は3種あり、機体と翼が一体化した近未来的なタイプのほか、ジェット機タイプとプロペラ機タイプもある。100~200人乗りで、最大3700キロ以上航行できる設計だ。

 フォーリ最高経営責任者(CEO)は声明で「水素の利用は航空産業が環境に与える負荷を著しく下げると信じている」とし、「この業界が経験する最も重要な変革で、主導的な役割を担いたい」と述べた。(ロンドン=和気真也)