金沢21美のプール コロナ禍のいま、水面に映えるのは

有料記事

堀越理菜、平川仁
[PR]

 美術館の中庭にたたずむ小さなプール。水が張られているはずなのに、地上からのぞくと水中で服を着た人が写真を撮ったり見上げたり。プールの中に移動すると、そこに水はない。でも見上げると、水面が揺らぎ、地上からのぞく人がいる。

 「それは時代を映す容器だ」

 金沢市の21世紀美術館の人気展示作品「スイミング・プール」の生みの親、アルゼンチン出身の作家レアンドロ・エルリッヒはそう語る。作品はすでに作者の手を離れ、コロナ禍の今、新たな意味や解釈を帯びている、とも。話を聞いた。

 新型コロナウイルスの感染拡…

この記事は有料記事です。残り1452文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!