[PR]

 菅義偉首相は23日午前、「デジタル改革関係閣僚会議」の初会合を首相官邸で開いた。「デジタル庁」の来年中の創設に向け、「今までにないスピードで取り組む」と述べた。年末までに基本方針を策定し、来年1月に召集される通常国会に関連法案を提出するよう指示した。

 会議には全閣僚が出席した。首相は新型コロナウイルスの対応で「デジタル化について様々な課題が明らかになった」と指摘。デジタル庁について、「行政の縦割りを打破し規制改革を断行するための突破口」と位置づけた。「国、自治体のシステムの統一・標準化、マイナンバーカードの普及促進を一気呵成(かせい)に進める」とし、IT基本法の抜本改正も目指す方針だ。

 平井卓也デジタル改革相は会議後、創設に先駆けて医療や教育、災害対応のデジタル化を進める考えを示した。月内には準備室を設置するという。(西村圭史)