[PR]

 ノーベル財団は22日、12月にストックホルムで開かれるノーベル賞の授賞式と晩餐(ばんさん)会を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、受賞者の各国でメダルなどを手渡す形に変更する。一方、平和賞の授賞式は、ノルウェーのオスロ大で小規模に行うという。

 発表では、ストックホルムの市庁舎で少人数のみの式典を行い、各国の受賞者の様子を織り交ぜた映像を流すという。

 今年のノーベル賞は医学生理学賞が10月5日、物理学賞6日、化学賞7日、文学賞8日、平和賞9日、経済学賞が12日に発表される。