[PR]

 ゆうちょ銀行は23日、同行が提供するデビットカードの送金機能を通じた口座からの不正引き出しがあったと発表した。8月上旬から9月中旬にかけ、ゆうちょ銀のデビットカードを持つ54人の口座から計332万円が引き出された。被害の拡大を防ぐため、この送金機能を16日夜から停止させた。被害は全額補償するとしている。

 ゆうちょ銀の口座では「ドコモ口座」など他社の決済サービスを通じた不正引き出しが多数発覚していたが、ゆうちょ銀自身が提供する送金サービスも悪用されていた。

 デビットカードは、買い物の支払いと同時に銀行口座からお金が引き落とされる仕組み。ゆうちょ銀のカード「mijica(ミヂカ)」の送金機能を通じ、不正利用者とみられる3人のmijicaカードに送金。買い物などに使われたという。mijica(ミヂカ)は、お金をためて使える電子マネーの機能や、カード利用者同士で電子送金できる機能も備えていた。