[PR]

作新学院高校(下)

感謝

 9月20日。作新学院高校吹奏楽部は地元の宇都宮市文化会館で東関東優秀団体演奏会のステージに立った。

 3年生のクラリネット奏者、「マル」こと丸山佳奈未(かなみ)にとって、それはコンクールではないけれど青春をかけた本気のステージだった。

 ほかに出演したのは千葉県の市立習志野と市立柏、茨城県の常総学院と取手聖徳女子の4校で、いずれも昨年の東関東吹奏楽コンクールの高校A部門に出場していた。それだけではなく、今年この日に至るまで、何度も涙を流したからだ。

 ショックや悔しさ、やりきれなさ、そして、喜びの涙……。どれも今まで経験したことのない涙ばかりだった。だが、マルは感慨に浸ることなく、気持ちを引き締めた。

 「これが東関東吹奏楽コンクールだと思って、最高の演奏をしよう!」

 指揮台に吹奏楽部顧問の三橋英之が上がった。

 仲間たちとともに三橋を見つめ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら