[PR]

断層探訪 米国の足元 第二部②

拡大する写真・図版従業員の間で新型コロナウイルスの感染拡大が広がり、今春に一時操業を止めたスミスフィールド・フーズの食肉処理施設。従業員を「英雄」とたたえる幕が掲げられていた=7月8日、米サウスダコタ州スーフォールズ、青山直篤撮影

 「ここで働いているのは英雄です」

 スミスフィールド・フーズの巨大食肉処理工場へと伸びる道路に沿って、英語やスペイン語などさまざまな言語の文字で、垂れ幕が掲げられていた。

 サウスダコタ州スーフォールズは、ミズーリ川の支流を中心にひらかれた街だ。川が分岐する街の要衝に、スミスフィールドの工場は立つ。20世紀初頭から操業する一大産業拠点だ。7月に訪れると、生きたブタを満載した大型トラックが近くの道路を行き交い、活気を取り戻していた。

断層探訪 米国の足元
冷戦終結後、企業はグローバル化を進め、サプライチェーンを張り巡らせてきた。そのほころびが今、新型コロナウイルスの影響で加速している。「米国第一」を掲げるトランプ大統領のもと、米国で何が起きているのか。

 この工場では3~4月、爆発的…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら