[PR]

 台風12号は23日午後、東京・八丈島の南を北東へ進んだ。気象庁によると、25日にかけて伊豆諸島から関東の東、三陸沖を北東へ進む見込み。関東甲信では24日に、東北では24日昼過ぎから25日に大雨となるところがあるという。

 台風12号は23日午後8時時点で、八丈島の東約120キロを北東へ時速25キロで進んでいる。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル。24日午後6時には千葉県銚子市の東南東約230キロに、25日午後3時には温帯低気圧となって仙台市の東南東約250キロに達すると予想している。

 24日午後6時までの24時間降水量は多いところで、伊豆諸島250ミリ、関東200ミリ、東北180ミリの見込み。東北ではその後の24時間にも100~200ミリと予想され、気象庁は土砂災害への厳重な警戒を呼びかけている。

 JR東日本によると、千葉、茨城、福島、宮城の各県の在来線の一部では24日、運転を取りやめる計画となっている。