【動画】あおり運転の疑いでトラック運転手を書類送検=群馬県警提供
[PR]

 あおり運転をしたとして、群馬県警は23日、同県安中市のトラック運転手の男(66)を道路交通法違反(妨害運転)の疑いで前橋地検に書類送検したと発表した。男は「あおり運転をしたことは間違いない。道を譲っていないのに割り込まれて腹が立った」と容疑を認めているという。県警によると、あおり運転での検挙は県内初という。

 交通指導課によると、男は安中市原市の国道18号で7月15日午後3時15分ごろ、大型トラック(最大積載13・5トン)を運転。信号が赤から青に変わって車列が動き出した際、市内の男性(70)の軽ワゴン車が脇道から前方に入ったことに腹を立て、通行を妨害しようと後方から急接近して対向車線にはみ出して幅寄せをしたり、男性に急ハンドルなどの衝突回避行動をさせたり、著しい交通の危険を生じさせた疑いがある。

 現場は片側1車線の直線。男の追跡は約1キロ、1分半にわたり、男はクラクションを何度も鳴らしたとされる。恐怖を感じた男性は道路沿いの安中署に避難した。男は県内の運送会社勤務で当時は業務中だったという。県警は、男のトラックのドライブレコーダーの映像などから容疑を固めたとしている。

被害者語る「怖くて長い時間」

 被害に遭った男性は「幅寄せな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら