卓球の平野美宇選手、甲府署の安全安心大使 動画で啓発

玉木祥子
[PR]

 東京五輪女子卓球の団体代表に内定している山梨県中央市出身の平野美宇選手(20)が、甲府署から「安全安心大使」を委嘱された。交通事故防止など住民が安全に暮らすための情報発信で一役買う。

 新型コロナウイルス感染防止のため、街頭での啓発活動ではなく、動画を通して事故防止や犯罪抑止のメッセージを届ける。

 県警の公式ツイッターには早速、「高齢者の方、自転車に乗るとき、道路を渡るとき、車に気を付けてください」と呼びかける動画が投稿された。任期は来年3月末まで。YouTubeなどでの呼びかけも予定しているという。(玉木祥子)