[PR]

 大阪維新の会代表の松井一郎・大阪市長(56)は23日、大阪都構想の是非を問う住民投票が否決された場合、2023年4月までの任期は全うした上で政界を引退する考えを明らかにした。東京都で行われた日本記者クラブ主催の会見で「負けたら政治家としてはもう終了です」と語った。

 11月1日に予定する住民投票は、僅差(きんさ)で否決された15年に続いて2度目。松井氏は否決されれば、松井氏の任期中に3度目に向けた議論はしない方針も改めて示した。「僕の時代にもう二度と都構想の話はしない」とした。

 一方、一緒に会見した吉村洋文・大阪府知事(45)は「否決されたから辞めるということは考えていない」と発言。「進退を絡めると(知事や市長の)信任投票みたいになる。冷静に大阪の未来を考えて投票していただくのが適切じゃないか」と述べた。(久保田侑暉)