犬のフン害に憤慨 イエローチョーク作戦、全国で次々と

有料会員記事

菱山出
[PR]

 滋賀県草津市が9月から、犬のフン害を撃退するイエローチョーク作戦を始めた。京都府宇治市が考案し、メディアで取り上げられると各地の自治体が導入、県内でも栗東市が採用している。安く簡単な手法で大きな効果が出ると評判だ。

 作戦はシンプル。住民に協力を依頼し、フンを見つけたら、その周りに黄色チョークで円を描いてもらう。横に発見日時を書き込む。フンは放置する。後日現場を確認し、残っていたら確認日時を再度書き込む。無くなっていたら「なし」と確認日時の両方を書き込む。フンが無くなるまで繰り返す。

 やはりフン害が多かった宇治市の職員が、かつて駐車違反の車に警官がチョークで印をつけるのを見て着想した。1年間の試行錯誤を経て2016年に作戦を開始すると、フン害が激減したという。

 この取り組みが、NHKの番…

この記事は有料会員記事です。残り621文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら