[PR]

 METの愛称で親しまれる米ニューヨークのメトロポリタン歌劇場は23日、新型コロナウイルスの影響で今シーズン(9月~来年5月)の公演を全て中止する、と発表した。同歌劇場は「ワクチンが広く行き渡り、(人口の多くが免疫をもつ)『集団免疫』が達成されるまで安全を確保できないと判断した」としている。来シーズンの公演は来年9月27日開幕を予定している。

 同歌劇場はニューヨークで感染が急速に広がった今年3月から公演を中止。6月には、今シーズンの公演の開幕を12月31日に延期していた。同歌劇場は「数百人の団員が近距離で練習や公演をしなければならない。観客数も多い」と指摘。集団免疫ができ、マスク着用やソーシャルディスタンシングの必要がなくならなければ安全に公演を再開できない、と説明した。(ニューヨーク=鵜飼啓)