【動画】ジュリエット・グレコさん死去 仏シャンソンの大御所

 仏シャンソン歌手の大御所で、「枯葉」や「パリの空の下」などを歌ったジュリエット・グレコさんが23日、仏南東部の自宅で死去した。93歳だった。家族がAFP通信に明らかにした。

 1927年、仏南部モンペリエ生まれ。第2次世界大戦中、対独レジスタンスの活動家だった母親が強制収容所に送られ、自身も警察に一時拘束された。

 戦後、パリ・セーヌ川の左岸で知り合った実存主義の哲学者サルトルに勧められて歌手を志した。作家のカミュや哲学者メルロポンティらとも交流。多彩な芸術と文化が花開いたこの地区の名称をとって「サンジェルマン・デ・プレのミューズ(女神)」と呼ばれた。

 詩人ジャック・プレヴェールの作詞した「私は私」などを歌い、一貫して自由を愛した。日本など世界各地でツアーを重ね、2016年の公演を最後に引退。60年以上にわたるキャリアに終止符を打った。(パリ=疋田多揚)