[PR]

 菅義偉首相は24日午前、就任後初めて韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と約20分間、電話で協議した。両国首脳の対話は昨年12月、中国で開かれた日中韓首脳会議の際、安倍晋三前首相と文氏が会談して以来、約9カ月ぶり。

 首相は協議後、記者団の取材に応じた。徴用工問題を中心に「戦後最悪」とも言われる厳しい両国関係について、「このまま放置してはならない旨、私から伝えた。我が国の一貫した立場に基づいて、今後とも韓国に適切な対応を強く求めていきたい」と述べた。日本政府の説明によると、首相は、日韓関係を健全な関係に戻していくきっかけを韓国側がつくるよう改めて求めた。

 首相はまた、協議の中で「日韓両国は互いに極めて重要な隣国だ」とした上で、「北朝鮮問題をはじめ、日米韓の連携は重要だ」と述べた。拉致問題の解決に向けた支持も求め、文氏は支持を表明した。新型コロナウイルス感染症をめぐる対応を協議したほか、両国間のビジネス関係者の往来再開について合意に向けた協議を加速することで一致した。電話協議は韓国側の求めで行ったという。

 日韓関係は2018年に韓国大法院(最高裁)が、元徴用工への賠償を命じる判決を日本企業に出してから悪化したままだ。19年7月に日本政府が対韓輸出規制の強化を発表すると、韓国側は対抗措置として、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を日本側に通告。その後、破棄は見送られたが、改善の兆しは見えていない。

 文氏との協議に先立ち、首相は24日午前、国連のグテーレス事務総長とも電話で協議し、国連での日本人幹部職員の増加に向けて協力することで一致した。

 首相は中国の習近平(シーチンピン)国家主席とも25日に電話協議する予定だ。(相原亮)