写真・図版

[PR]

 ぐっすり眠りたいのに枕が合わず、様々な不調に悩んでいる人も多いのでは? 自分に合った枕はどう選べばいいのか。

 枕が低すぎるとあごが上がり、高すぎるとあごが下がる。肩こりや頭痛のほか、いびきにもつながる。寝具メーカー「西川」で、寝具や睡眠に精通するスリープマスターに認定されている森優奈さんは「やはり高さが重要です」と話す。

 寝る姿勢は、自然に立った時の姿勢をそのままキープできるのが理想。緩やかなS字形を描く首筋(頸椎(けいつい))と敷布団との隙間を埋めるのが枕の役割だ。この隙間が枕の高さの目安となる。

 「枕は頭をのせるものではなく、首を支えるもの」と森さん。枕を肩口に当たるまでしっかり引いて首にフィットさせる、正しい当て方も心がけたい。

 良い枕の条件としてほかに、寝…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら