拡大する写真・図版捕虜収容所長だった祖父の手記を公表した小暮聡子さん=2020年9月19日、東京都中央区、伊藤進之介撮影

[PR]

捕虜収容所長だった祖父の手記を公表したジャーナリスト 小暮聡子さん(39)

戦時中、岩手・釜石の捕虜収容所長を務めた稲木誠さんは「BC級戦犯」として裁かれた。晩年、「降伏の時」(ペンネーム・中山喜代平)と題した手記を執筆し、敗戦から捕虜が引き揚げるまでの1カ月間を克明につづった。この夏、孫でジャーナリストの小暮聡子さん(39)が、未公表の手記の全文をウェブサイトで公表した。

 原稿用紙132枚に、敗戦の日から捕虜を引き渡すまでの1カ月の日々が克明に描かれていた。

 この夏、岩手・釜石の捕虜収容…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら