第2回選手は「王国作る手段」 監督と大学、いびつな利害関係

有料会員記事

編集委員・中小路徹
[PR]

 「練習についていく自信もなくて、本当は行きたくなかった。でも、実績がなくて選べる立場じゃなかった」

 個人競技のスポーツ推薦で大学に進み、制度に潜む不条理さを体験した男性(26)は打ち明ける。

 岩手県立高3年の男子バレーボール部員が2018年に自死した。同県教育委員会が設置した第三者委員会が今年7月に調査報告書を公表した。そこには、顧問の暴力的な言動とともに、スポーツ推薦による大学進学の話が進んでいたことに悩んでいたことが、背景の一つとして克明に記されていた。

 「亡くなった高校生の気持ちがよくわかる」

 冒頭の男性はそう話し、自らの経験を振り返った。

 高3の夏前、部の顧問に言わ…

この記事は有料会員記事です。残り1834文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載スポーツ推薦を考える(全3回)

この連載の一覧を見る