[PR]

 岡山県高梁(たかはし)市の山中に知人男性を埋めて殺害し、現金などを奪ったとして、県警は24日、高梁市成羽町の建築業、宮岡龍治容疑者(66)を強盗殺人容疑で逮捕し、発表した。「強盗をしようしたわけではない」と容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑は7月16日午後0時20分ごろから18日ごろにかけて、高梁市成羽町の山沿いにある無職川上馨(かおる)さん(当時59)の自宅付近で、川上さんの顔に粘着テープを巻き付け、両手を結束バンドで後ろ手に緊縛。自宅から南西に約20メートル離れた山中まで連れて行き、掘った穴に落として土砂をかけるなどして殺害したというもの。さらに自宅から現金約29万円が入った財布などを奪ったとされる。

 県警によると、川上さんは一人暮らし。足が不自由で、歩く際は杖をついていた。死因は不明だが、埋められたことなどで窒息死したとみられるという。

 川上さんの遺体は7月22日、土中に埋められているのを高梁署員が発見。9月2日に岡山県倉敷市のコンビニエンスストアで、川上さんのキャッシュカードを使い現金を引き出そうとした宮岡容疑者を窃盗未遂容疑で逮捕、起訴していた。県警によると、2人の間には過去に金銭トラブルがあったという。