ネットスーパー、受け取りはドライブスルー 好評で拡大

有料記事新型コロナウイルス

生田大介、中島嘉克
[PR]

 総合スーパーを展開するイオンリテールが、ネットで注文した客に店舗でドライブスルー方式で商品を渡すサービスを今月から本格展開している。客は宅配と違って配送料を払わずにすみ、店内で買うよりは時間が節約できる。店にとっては、コロナ禍もあって宅配需要が増えるなか、配達の人手不足の緩和につながる利点がある。

 イオンスタイル四條畷(大阪府四條畷市)の駐車場の一角に、ドライブスルーで受け取るための専用スペースがある。17日に訪れた近所の主婦(50)は到着すると電話で店員を呼び、注文したパンやウズラの卵などを受け取った。約1カ月前から週2~3回利用しているという。「レジに並ばなくていいし、店内に入ると余計なものも買ってしまうから」と話す。

 新型コロナウイルスの感染予防のため、店内での買い物を控える動きもあり、ネットスーパーの利用は増えている。イオンでも売上高が前年より2割増えており、注文が集中する時間帯には宅配できないことがある。

 そうした混雑を緩和する目的…

この記事は有料記事です。残り572文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]