[PR]

 台風12号は24日午後、関東の東で温帯低気圧に変わった。気象庁によると、今後は発達しながら三陸沖を北上する見通しで、東北と北海道の太平洋側では25日にかけて大雨となるところがあるという。

 また、別の低気圧が25日朝~26日、四国沖から本州南岸を進むとみられる。西日本でも25日は大雨による土砂災害などへの警戒が必要という。

 25日午後6時までに予想される24時間降水量は多いところで、四国200ミリ、近畿150ミリ、東北100ミリ。その後の24時間では、東北と北海道で100~150ミリの雨が予想されている。