[PR]

 2021年度の政府予算案編成で、厚生労働省の概算要求額が過去最大規模となる見通しとなった。20年度当初予算の一般会計総額102兆6580億円のうち、厚労省関連は約33兆円と過去最大だった。21年度はこれとほぼ同額を要求した上で、厚労省が多くを担う新型コロナウイルス感染症対策にかかる経費を別に加算する。

 新型コロナ関連予算の多くは概算要求では項目のみにとどめ、具体額は財務省との年末までの協議で詰める。対策は医療や雇用など幅広い分野にまたがり、政府予算案の段階では大きく膨らむ見込みだ。

 新型コロナの感染者を受け入れ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら